ADV150が納車された

ADV150が納車された


納車前のADV150

2020年5月ADV150を近くのバイク屋さんで買い、ワイのバイク、ワイバイクとなりました。

リードEX

前のバイクはリードEX、このバイクでアチコチ出かけて約2万キロ、110ccだから高速道路を走る事ができませんが、国道最高地点の志賀草津高原ルートだって日光のいろは坂でも下道ならどこでもツーリング行けたし、シート下のメットイントランクは37リットルもあるから、買い物もラクラク、大根だってネギだってワインボトルだって長いモノはそのまま入れられて便利だった、ツーリングでも3日分の着替えなどが入ったリュックと一眼カメラ、三脚がメットイン、レインコートやお土産はリアボックスと荷物収納には困らない素晴らしいバイクだった

タイミングベルト?やら色々と直してもらってまだまだ走れる状態だったのですが・・・新型コロナによる自粛で出かけられない欲求が買い物へと向かいました

最初の候補はPCXでいいかな?125ccと150ccで迷いましたが、ホンダドリームさんで見たADV150に一目惚れ、この時黒色と赤色の展示車があり新型コロナの影響で納期は未定で現車ならすぐ乗れるという事でした。翌週に行ったら黒色は売約済み、赤色のみとなっていましたが、ドリームさんは、隣の隣の市であとあとメンテナンスなどに不便・・・そこで近くのバイク屋さんに相談すると「大丈夫、こっちに譲ってもらうから」とすぐドリームさんの店長(知り合いだった)赤色の現車を押さえてもらい、翌日にバイク屋さんが取りに行って3日後に納車となりました







隣の隣の市のドリームさんで買うと後々近くのバイク屋さんに行きにくくなるから、見積もりはしなかったけど、グーバイクに現車があると掲載されてた隣の市のホンダ販売店に行った時は見積りを聞いてみた

行ってみたら現車はなかったのですが、本体3万円の値引き、近くのバイク屋さんは値引きなし、ところが、整備費用や納車費用などは近くのバイク屋さんの方が2万円も安い、しかも9~10年落ちリードEXの下取りは5万円以上違ってた!!ちなみに販売店用下取り査定のマニュアルは2万円のバイクだから買った近くのバイク屋さんは頑張ってくれたと思う

バイク売るならバイクランド♪無料査定お気軽に

ADV150見積書

という事で本体値引きはなくても、トータルで見たらバイク屋さんによって値段で違うもんなんだなぁ~と実感しました、まぁ下取りなかったら定価販売のままですけど近くのバイク屋さんじゃないと僕はメンテできないから何かと不便だから仕方ないっす、ちなみにこの時はPayPayで支払うとキャッシュレス5%バックだったから、約1か月後に27115円も戻ってきました、ラッキー!!

ADV150

買う時についでに、リアボックスとグリップヒーターの取り付けもお願いしたところ、リアボックスの取り付け費用はサービスしてくれました・ありがたや、ありがたや~という事で我が家に納車されました

USBソケット

納車してすぐ買いに行ったのがUSBソケット、ADV150の全面左側ポケットにアクセサリー端子(シガライターソケットのメス側)しかないからスマホ充電できるようにオートバックス直行、何かの為にUSB二個ソケットにした、ちなみにUSBソケットはダイソーにもあるが、以前家庭用ACタイプ買ったら熱が熱くなりすぎて怖かったので車屋さんで買ってきました

>ワイバイクADV150

ワイバイクADV150

群馬県住みのADV150中高年ライダー
ホンダドリームで一目ぼれし近くのバイク屋さんで購入、久しぶりに買って嬉しかったバイクなので、プチカスタムやツーリングなどなどを気ままに書いてます。
妻には車があるんだから車で行け~と言われるが・・・・小さいバイクでもコッチの方がプチ旅が楽しいのだ
</問い合わせ/プライバシーポリシー
バイクブログ/

CTR IMG