(メットイン収納可)リード工業フルフェイスヘルメット

リード工業フルフェイスヘルメットCR-715(メットイン収納可)


ADV150のメットインスペースはまず「高さ」がネックとなってSHOEIやARAI、OGKなどなどの有名メーカー品はまず入らない(Sサイズとかなら入るのあるかもしれない)、僕自身のヘルメットサイズは59cm前後だからLサイズ、LサイズのフルフェイスヘルメットでADV150のメットインスペースの中に入れた~いと思うと、殆ど見当たらない、しかしながら入るヘルメットはあるんです

ここでは、ADV150のメットインスペースに難なく入ったヘルメットを紹介します

リード工業フルフェイスヘルメットCR-715

リード工業の型番「CR-715」というヘルメット、サイズはFREEのみ (頭囲 57cm~60cm未満)、リード工業は日本のメーカーで自転車部品で創業、その後昭和40年からオートバイヘルメットを作ってる会社(ヘルメット以外のバイク用品も作っている)、ナップスや南海部品のお店でも「CR-715」は見かけないが他の型番のリードヘルメットは見かけた事がある、有名メーカーより安い価格帯のヘルメットだからホームセンター系ではよく見かける、このCR-715はメーカー公式サイトでは定価が税別17000円もする、しかし僕がamazonで2021年6月に買った値段は「送料込み税込み5193円」と激安、日本のメーカーですが僕が買ったのは中国製でした

PSCとSG規格適応

定価17000円で本当と思えるamazon価格でしたが、PSCやSG(全排気量対応)の安全規格はついているヘルメット

ADV150のメットインに入るフルフェイスヘルメット

買った時はヘルメットに「CROSS」というシールが貼ってあったが、僕はいらない・・・・指で簡単に剥がれた

ADV150のメットインに入るフルフェイスヘルメット

メットインOK、シートも無理なく閉まって格納できました、ただし顎紐はしっかりメットの中央に寄せます

ヘルメットを被った様子

被ったもヘルメットが大きくない、まぁ大きなフルフェイスならメットインスペースに納まらないですけどね

サイズ調整スポンジ

サイズ調整スポンジも付属されているが僕は使わなくても丁度よかった、常に眼鏡をかけています、JINSで買った眼鏡、ドつきサングラスもちゃんと入ってツーリングもできましたよ

ワンタッチ顎紐

顎紐はワンタッチ、赤い紐を持つと楽に外れる、何と言う部分かわかりませんが、紐をカバーしてる部分自体が固く頑丈で安心感がある半面、キツクすると硬いが故に喉が若干苦しくなる時もあった

マウスシャッター

マウスシャッターもあって風が入るように設計されている、勿論閉じる事もできる、ただ定価が税別17000円は嘘だろ~と思えるほどチャチイ造りで安物もプラスチック感バリバリ

フロントエアベンチレーション

フロントエアベンチレーションもあって走行中の風を取り込む事ができるし閉める事もできる、ここも安物のプラスチック感バリバリ、ただ安いヘルメットにありがちな取り込んだ風が抜ける場所がヘルメットの帽体にはない

リード工業フルフェイスヘルメットCR-715シールド

シールドは残念ながらUVカットなし、このヘルメットの前に愛用していたホームセンターで買った安いヘルメットよりシールドの厚みが薄く、シールドの開け閉めの時に少し曲りながら動く

シールド交換方法

スモークのシールドも別売で用意されている



リード工業 CROSS CR-715用オプションシールド スモーク CR-715S

ヘルメット内部

内装は安っぽいけどPSCやSGの安全規格だから悪くない、頭側の内装を外して洗う事はできないが、両顎の部分は外して洗う事ができる



吸水速乾 COOL&DRY ヘルメット インナー ライナー 、インナーライナーって思ってたより結構売れてる、CR-715は天板内装外せないからこういうのあった方が長持ちするかもね

リード工業フルフェイスヘルメットCR-715

プラスチック部分が安っぽいけど、ヘルメットとしては問題なさそう、まぁADV150のメットインに入れるという目的でのフルフェイスヘルメット選びはサイズ的にアレコレ選べないから我慢我慢

CR715を被った様子

実際にCR-715を被って走行しました、下から走行風がメット内に入り込む、多分体に当たった風が上に向かいヘルメットの中に入り込むのかな?特に耳の後ろ側はスースーと風が抜けるのを感じた、買ったのが6月中旬、夏だから結構涼しいヘルメットで良かったが、冬は付属されてるサイズ調整スポンジ使ったり、ネックウォーマーをして首とメットの隙間を少なくして風が入り込まないようにした方が良さそう



コミネ(KOMINE) バイク用 クールマックスRフルフェイスインナーマスク フリー AK-090



コミネ(KOMINE) バイク用 クールマックスRマルチマスク フリー AK-324


↑上の2つの商品、今まで存在を知らなかったですが、結構売れてますね~、ネックウォーマーだけで耐えられなかったら考えようっと

CR715を被った様子

50キロを越えた辺りから耳障りな風切音、80キロぐらいになると結構ボリューム大きい、うるさいレベル、耳の後ろがスースーするからかなりメット内は空気が入り込んでいる、このCR-715に限らず万円越えしたヘルメットでもSHOEIやARAIのヘルメットと比べれば風切音がするという口コミが多く見受けられるから、安物フルフェイスヘルメット=風切音がするというのは仕方ないのかもだけど、この前に使っていたホームセンター購入ヘルメットよりウルサイ、50キロを越えた辺りから聞こえ出すから原付はいいかもだけど、高速道路走行可能なADV150だと高速時は音が凄そう・・・・また顎紐のカバーが硬質なレザーで覆われていて、この硬い両側にあるレザーが首に当たり首を絞められてる感じがして、僕の頭や僕好みのヘルメットではなかったかも?ただ1.4キロと軽量なヘルメット、軽いから疲れにくいというのは利点かな


リード工業公式サイト、ヘルメット型番:CR-715、色:ブラック、シルバー、ガンメタ、タリック、ホワイト
長34cm、幅27cm、高26cm、重1.4kg
ヘルメット本体販売ページ
amazon
楽天
Yahooショッピング

ネオライダーズMA14とリード工業CR715

別の安いヘルメットも買ってみました→ネオライダーズフルフェイスヘルメットMA14(メットイン収納可)

>ワイバイクADV150

ワイバイクADV150

群馬県住みのADV150中高年ライダー
ホンダドリームで一目ぼれし近くのバイク屋さんで購入、久しぶりに買って嬉しかったバイクなので、プチカスタムやツーリングなどなどを気ままに書いてます。
妻には車があるんだから車で行け~と言われるが・・・・小さいバイクでもコッチの方がプチ旅が楽しいのだ
</問い合わせ/プライバシーポリシー
バイクブログ/

CTR IMG