hit-airの着るエアバッグベストを買った

hit-airの着るエアバッグベストを買った


hit-airのエアバッグベスト

新型コロナ渦中、Yahooニュースを見てると毎日のようにライダーの死亡事故の記事を目にした、僕はヤンチャな若い頃400ccのバイクの時に一時不定止の車の側面に衝突、車が出てくるかな~出そうだな~というようなぁ~とわかるほど双方遅いスピード(30キロ出てたか出てないか)だったので、少し怪我をした程度で済んだ、その3~4年後原付をフルスロットル最高速で走っていたら、いきなりの原則なしの一時不定止の車が目の前に飛び出し、当たり宙に投げ出されウルトラマン飛び、救急車で即病院、夏だったからTシャツと短パンとグローブなしと軽装、バイク事故は大排気量とか原付とか関係ないですからね、50キロ以上でガツンと当たれば宙に飛びます、いきなり目の前は防ぎようがないし

若い頃だから、回復力も早かったし、後遺症もなかったが、中高年となった今、事故のニュースを見る度に怖くなってきた

妻は、車がるんだから車に乗ればいいでしょう~と言うが、安全を意識してバイクは乗り続けたいと思い、高額なれど着るエアバッグベストを買ってみました

エアバッグが届き猫がくる

Amazonから今度は何が届いたニャ~ンと猫ちゃんも興味深々、エアバッグベストを爪で引っかかれないように・・・・・・

さて?エアバッグは白バイ隊員も着けてるそうだが、実際はどういうものなのか?

デモストレーション

リアルな転倒


プロテクターをつけたエアバッグ

この時僕がアマゾンで購入したのは、ベスト本体(hit-air(無限電光)エアーバッグベストブラック2XLMLV-C 35112円)+胸部パッド(hit-air(無限電光)HC胸部パッド3653円)+脊椎パッド(無限電光(Hit-Air) 脊髄パッド LW2 2748円)+アイドパッド(無限電光(Hit-Air) 脊髄パッド LW2 2992円)=44505円、一度に買った金額では僕のアマゾン最高額・・・・・

コミネのプロテクター

この商品のアマゾン説明販売ページ→コミネ KOMINE バイク 胸部プロテクター スプリーム ボディプロテクター ブラック XL 04-688 SK-688

コミネ KOMINE バイク プロテクター(胸部脊椎一体型)もあるから、hit-air(無限電光)の胸部や脊椎プロテクターを買わないで、コミネのプロテクターを装着してからのエアバックベストという着方も考えたが、僕の場合、ツーリング=観光地巡り、日帰り温泉、トレッキングなど現地で動く事も多く、エアバックベストを脱ぐのは簡単だが、こっちのプロテクターまで脱ぐのが面倒くさい感じがしたのと、このハードプロテクターはADV150のメットインスペースにもリアボックスにも入らないから、観光地で置き場所に困るんです・・・・・

正直な話、hit-air(無限電光)の胸部プロテクターや脊椎プロテクターより、KOMINE
バイク プロテクター(胸部脊椎一体型)も方がかなり安心感のある頑丈な作りですが・・・・・・・

カートリッジのガス

hit-airのエアバッグはこのカートリッジのガスでエアバッグが膨らむというもの、一度膨らんでしまってもエアバッグ自体が破けていなければ、このhit-air 交換用カートリッジ 60cc¥1260を交換すればよい、このカートリッジはズシリと重いのでベスト自体の重量が約1.5キロとなる

さて、アクシデントが発生した時にエアバッグがどうして作動するのか?以下の動画でよくわかる

バイクとベストをワイヤーで固定して、ワイヤーが外れた=ライダーが車体から飛んでいる=エアバック作動となる

脊椎プロテクター

ベストに脊椎パッド装着

脊椎プロテクターの装着

マジックテープで簡単に装着可能

胸部プロテクター

胸部パッドもマジックテープで装着簡単

サイドプロテクターと猫

サイドパッドはどうつけるニャン

サイドプロテクター

ベストのマジックテープベルトに通すだけの簡単接続

エアバックベストを着た状態

黒のバイクジャケットの上からhit-airのエアバッグベストを着るとこういう感じ、エアバッグベストはL(M~2XL対応)と2XL(2XL~4XL対応)と2サイズあった、サイドベルトの調整でサイズは可変できる、僕は身長約174cm、体重約80キロのメタボ体形、ツーリングは秋冬春がメインなのでトレーナー着てさらに厚手のジャケットの上にベストをつける事を想像し、2XL(2XL~4XL対応)にした、僕の場合このサイズで正解だった

エアバックベストを着た状態の背後

後ろから見るとこんな感じ、そんなに違和感はないが、この季節は夏で日光の帰り、平地に戻るとかなり暑い・・・春秋冬は厚手ジャケット+エアバッグベストでいいかも!!

長袖Tシャツの上からエアバッグTシャツ

夏、朝はジャケットの上にエアバッグをつけて出発したが昼前にはジャケットを脱いで長袖Tシャツの上からエアバッグベストを着て帰ってきた。肘には肘プロテクターをつけてる、このカッコなら暑い夏でも平地は走れる

ワイヤーコードをメットインスペースの留め具に

エアバックを作動させる為にADV150の車体側にケーブルを繋ぐ必要があるのだが、僕の場合はシートを開閉する金具の所に付けました

伸縮ワイヤーコードの長さ調整

長さ調整は命に係わるので慎重にしましたが、給油や何かの際にバイクから留め具を外すのを忘れて誤膨してしまうのも困るから時間をかけて調整しました。ADV150の場合、ハンドルと結ぶよりシートの方がワイヤーコードの距離が稼げて、外すのを忘れて降りて誤膨という事にはなりにくいと思う

垂れ下がったコード

ただ、留め具を外した状態だとコードがダラ~~~ンと垂れ下がる・・・・すぐ近くのコンビニに行くのにエアバックベスト着てのフル装備はしないから、このコードどうにかしないと!

エアバックワイヤーコードの留め具

留め具のオプションが販売してて再度アマゾンで購入

エアバックのワイヤーコード

ハンドルにつけたら今度は、乗り込む時に短い足がコードに引っかかって大変・・・・

コードをまとめたところ

結局シート下に取付け、使わない時はこういう形に収まりました

ADV150メットインスペースにエアバックベストを入れる

さて、エアバックベスト、観光地やトレッキングの時など僕は脱ぎます。脱いだ時にバイクに上に置きっぱなしはさすがに高価なものだから・・でも安心!hit-airのエアバッグベストはADV150のメットインスペースに収まります。この上から薄いジャケットも収まるから、炎天下の夏ならTシャツだけになって観光地で遊べます

さてhit-airのエアバッグはジャケットタイプとベストタイプがある、ベストタイプなら暑すぎる夏ならTシャツ上からも装着できるし、春夏秋冬、シーズンに合った自分のジャケットの上から着る事ができる、ベストタイプもジャケットタイプもいくつかの種類グレードが存在するが、リフレクターなどの反射生地になってるか?などが大きな違いで、僕の購入したベストはhit-airのエアバッグベストの中でも一番安い、リフレクターなどがないベストである、夜間は乗るつもりがないからと決めたが、イルミネーションの写真などを撮りに1年で2~3日は夜間走るから買った後にリフレクターのあった黒ベストにすればよかったかな~とプチ後悔はしている

エアバッグのコード

ガスのカートリッジだけも予備を買っておいた、何故なら最初は外すの忘れて誤膨すると思ったからだ、しかし、ADV150のシート下のケーブルの場合、バイク降りるとコードに引っ張られる違和感から難なく毎回自然と外せた、逆に乗るときにコードをつけるのを忘れた方が多かった=エアバッグの意味なし






エアーバッグベストHit-Air MLV-C

Hit-Air MLV-C(最安価/リフレクター素材なし) ⇒ 楽天 / amazon / Yahooショッピング

Hit-Air MLV-RC(全体が光るリフレクター素材) ⇒ 楽天 / amazon / Yahooショッピング

Hit-Air HC胸部パッド

Hit-Air HC胸部パッド ⇒ 楽天 / amazon / Yahooショッピング

Hit-Air 脊髄パッド LW2

Hit-Air 脊髄パッド LW2 ⇒ 楽天 / amazon / Yahooショッピング

hit-air ハーネス専用サイドパッド

hit-air ハーネス専用サイドパッド ⇒ 楽天 / amazon / Yahooショッピング

hit-air バックル型収納用コネクター

hit-air バックル型収納用コネクター ⇒ 楽天 / amazon / Yahooショッピング *ADV150の場合、コレを使わず外した後のコードをメットインスペースに入れ込むという手もあるかも?

hit-air 交換用カートリッジ 60cc

hit-air 交換用カートリッジ 60cc ⇒ 楽天 / amazon / Yahooショッピング


各種エアバッグの一覧ページ
・ 楽天
・ amazon
・ Yahooショッピング

>ワイバイクADV150

ワイバイクADV150

群馬県住みのADV150中高年ライダー
ホンダドリームで一目ぼれし近くのバイク屋さんで購入、久しぶりに買って嬉しかったバイクなので、プチカスタムやツーリングなどなどを気ままに書いてます。
妻には車があるんだから車で行け~と言われるが・・・・小さいバイクでもコッチの方がプチ旅が楽しいのだ
</問い合わせ/プライバシーポリシー
バイクブログ/

CTR IMG