いろは坂(上り下り)中禅寺湖へ行った

いろは坂(上り下り)中禅寺湖へ行った


僕は野良保護したニャンちゃんが完全に目が覚める朝食券昼食を作って出すため、ツーリングのタイムリミットは13時まで、う~ん、カリカリ出しっぱなしでも食べずに僕が煮る白身魚が大好物だから仕方ない・・・

とういう事で今8時45分、今から行って13時までに帰って来られて、走ってスッキリする近場の場所を思案、いろは坂上り→中禅寺湖→いろは坂下りに決行



国道120号線にある、いろは坂は関東でも有名な道路、ヘアピンカーブが続く急坂で、秋の行楽日和の土日には渋滞が発生するほどの交通量となる、また上り線と下り線に分かれていて、上り線は2車線で秋やお盆、GWを除けば比較的スムーズに走れるが、下り線は1車線なので夕方以降渋滞またはノロノロになりやすい

いろは坂馬返し駐車場前

自宅からいろは坂入口までは約1時間かかる、さていろは坂入り口手前にADV150に取り付けたドライブレコーダー映像で撮れてる「いろは坂馬返し駐車場」という無料駐車場がある、ここには公衆トイレがある、このトイレの次は明智平ロープウェイのある駐車場となる(秋は黒髪平駐車場に臨時トイレができる)

いろは坂上りの様子

上りはずっと車線だからスムーズに走れる

はの道路案内版

1つ1つのカーブに「いろはにほへと・・・・」とあるからいろは坂と言うのか?わからないがカーブの数は上り24、下り24だから、赤城山に上る群馬県道4号線前橋ルートの片道カーブ数の約3分の1だから楽

いろは坂上りのカーブ

カーブ数は少ないが、1つ1つのコーナーは急カーブのヘアピンだらけ、以前乗っていたリード110より倒せるけど、倒しすぎるとすぐセンタースタンドが路面に当たるのがADV150の欠点、当たるとビクっとするから僕はあまり倒さないようにして走る、カーブがキツイので車はかなり減速するが、所々ある直線では車が加速する、そこはやはり150cc、勾配があるから直線で右から抜くというのは難しい場面がある、カーブでは余裕

まぁ、スポーツバイクほど爽快でなくても、殆ど左車線を走っていたリード110よりは右側走れて爽快感はある






黒髪平駐車場

走り続けると左側に「黒髪平」という駐車スペースがあり、標高1173mからの景色が楽しめる

黒髪平からの景色といろは坂

黒髪平からの絶景(以前撮った写真より)

明智平ロープウェイ

黒髪平から少し走ると今度は右車線側に「明智平」がある、写真は以前撮影したものだが秋は明知平ロープウェイに乗るのも大行列、もちろん明智平駐車場に停めたい車がいろは坂右車線も大渋滞となる

明智平展望台からの景色

写真は以前撮影したものだが、ロープウェイに乗ると絶景が楽しめるので時間に余裕があるツーリングならオススメしたい

いろは坂のトンネル

明智平を過ぎるとすぐに短いトンネルと長いトンネルがある、少し前までは明知平から対面通行だったが今は上り専用に変わっていた、その頃は右が対向車線となっていてバイクが車の下敷きの正面衝突を見た事もあった、途中から対面通行に変わるって標識あったが見落とす場合もあるから、ずっと上り専用に変わってよかったと思う

上りいろは坂のT字路

トンネルをくぐって少し走ると、右に曲がると華厳滝または下りいろは坂、左に曲ると中禅寺湖や奥日光湯元温泉、金精峠超えて群馬県沼田市へ続く

中禅寺湖と男体山

男体山が雲に隠れてしまっているが目的地中禅寺湖到着、今回は一切観光をしなかったが、ここまで来ればもっと走れる場所、温泉も観光スポットも沢山ある、詳しくは奥日光へツーリングのページで紹介してます

下りいろは坂走行写真

中禅寺湖湖畔でしばし散策休憩後、下りのいろは坂で帰路に、上りと違って道幅は広いが1車線、前の車に追随、下りはヘアピンカーブの連続だが、上りと違って遠くまで見渡せる場所が時々あって走りながら景色を楽しめる、カーブ数24+αで、いろは坂出発地点の「いろは坂馬返し駐車場」へ戻る、ここから自宅へ戻り本日のツーリング終了

最後までお読みいただきありがとうございました

>ワイバイクADV150

ワイバイクADV150

群馬県住みのADV150中高年ライダー
ホンダドリームで一目ぼれし近くのバイク屋さんで購入、久しぶりに買って嬉しかったバイクなので、プチカスタムやツーリングなどなどを気ままに書いてます。
妻には車があるんだから車で行け~と言われるが・・・・小さいバイクでもコッチの方がプチ旅が楽しいのだ
</問い合わせ/プライバシーポリシー
バイクブログ/

CTR IMG