林道塩沢小平線(オフロード)を走った(群馬県みどり市)

林道塩沢小平線(オフロード)を走った(群馬県みどり市)


林道塩沢小平線は群馬県みどり市大間々町小平と大間々町塩沢を結ぶ林道、Googleマップでは道が掲載されてないので詳細はわからないが道路上の道標には9.4キロと書かれていた、小平の起点側は少し舗装されているが、殆どは未舗装路(オフロード)となっている

林道塩沢小平線の案内看板

林道塩沢小平線の起点は群馬県道334号線小平塩原線を大間々市街地から山方向に向かい「小平の里」の前を通り抜け道なりにずっと進むと到達する



道幅は広い林道だが勾配ある坂が多い


林道塩沢小平線の詳細

起点はこの位置、道は記載がない、岩穴観音の道は「林道小平座間線」舗装路である
距離不明(Googleマップでは記載ないが道標に9.4キロと記載あった)
走行時間不明
走行時展望×(林間)
路面状態舗装路もあるが殆ど未舗装路(オフロード)
トイレなし
道中飲食店なし
道中GSなし
道中展望台なし
道中温泉日帰り温泉なし(小平に薪風呂日帰り入浴施設遊湯館ある)



起点に向かって北上すると分かれ道となる、右折は「林道小平座間線」舗装路で草木ダム壁近くに通じている、直進は林道塩沢小平線、おそらくココが起点と推測する



赤いお堂が見えてくると本格的山道の始まり、右側に伸びてる道が「林道塩沢小平線」でココで起点から600mの案内看板がある、左折側は民家に行く道ですぐ行き止まりとなる



最初のうちは舗装路だが、油断できない道、路上には砂利も多くスピード出して走るとカーブで滑る恐れあり



わかりにくいと思うが路面上、水が流れた跡がず~と続く、その溝が深い所は深く、以前走行した時は嵌まってしまいADV150の下部を包んでるフロアパネル下部が傷だらけに、また拳大の岩も多く転がっていてホイールも傷だらけになってしまった



前回コケて転倒してしまった、から1年振りに走行したら、いくつも脇道ができていた、この林道浅原線も新しい新品の標識



林道浅原線、舗装された路面は綺麗だが、この道ヤバイ



ガードレール見てもらうとわかるんですが、坂がキツイ、下りはゆっくり走れば大丈夫ですが、上りは岩と砂利、そしてその下にぬかるみがあり、上らない所もあったりして大変でした



前回走った時の様子ですが、この道路、雨が降ると川となってるのか、砂利でなく小さい石から拳大の岩もゴロゴロ、しかも川底のように水流で底は削られ凹凸が激しかったのですが、今回も同じ

ADV150のABS作動音がウィーン、ウィーンとしょっちゅう鳴っていた、また凹凸が激しくなるべく凹みのスジに入らないように慎重に運転していたが、ハンドルを取られて元川底に前タイヤがいくと、下部の黒いフロアスカートをガリガリと擦られる音が・・・・アチャーは今回は避けられた



前回は完全なる「ぬかるみ」もあったが今回はなかった



奥地まで行くともう道じゃなくなっていた、今回はここまで行ってなく途中で疲れて引き返している



そして、前回は転倒・・・・実は今回もまた似たような出来事があって、この道僕には攻略無理みたい、ADV150のオフロード性能を試しに行ったら、腕を試されちゃった・・・

林道塩沢小平線ツーリングの様子を動画にしてみました、よかったら見てください

>ワイバイクADV150

ワイバイクADV150

群馬県住みのADV150中高年ライダー
ホンダドリームで一目ぼれし近くのバイク屋さんで購入、久しぶりに買って嬉しかったバイクなので、プチカスタムやツーリングなどなどを気ままに書いてます。
妻には車があるんだから車で行け~と言われるが・・・・小さいバイクでもコッチの方がプチ旅が楽しいのだ
</問い合わせ/プライバシーポリシー
バイクブログ/

CTR IMG